子宮頸がんを性感染症と誤解している人が多い

知識不足でパートナーの誤解を招く恐れ

HPV(ヒトパピローマウイルス)は、皮膚や粘膜に存在するウイルスです。現在100種類以上が発見され、そのうち15種類が発がん性(ハイリスク)とされています。

発がん性HPVのなかでも16型と18型が特にリスクが高く、子宮頸がんの約70%はこの型のHPVが原因です。

発がん性HPVは、セックスのときに子宮頚部付近にあるちょっとした傷口から感染しますが、子宮頸がんは性感染症ではありません。

発がん性HPVは、セックスの経験があれば80%以上の人が生涯一度は感染するとされていますので、誰もが一度は罹ったことのある風邪のようなものです。自覚症状はなく、子宮頸がんの発症は非常に稀なので、セックスで感染しても性感染症としてカテゴライズするのは全くの誤りです。

パートナーの数に比例して、様々な型のHPVにさらされるリスクは高まり、そのうち自分の免疫力だけでは排除できないHPVに出会ってしまうこともあります。たった1回のセックスで発がん性HPVに感染することもあります。自分のパートナーは一人でも、パートナーが複数の相手と交渉を持っていれば自分も感染する恐れがあります。

HPVの感染は、どちらがうつしたとかうつされたという問題ではありません。いつどこでどのように感染したかを調べる方法もありませんし、調べる意味もありません。子宮頸がんはほとんどの女性が同じように発症する可能性があります。

しかし子宮頸がんを性感染症と思い込み、子宮頸がんになったことをパートナーに非難される、あるいは自分にhPVをうつしたのはパートナーと思い込み、相手を信用しなくなるなど、誤解に基づくトラブルが後を断ちません。

ページ上部に戻る